ブリック

福岡でミュージシャンがコンサートを行った後にふらっと寄って遊べる店がコンセプトです。生演奏、DJ、酒場、パーティー、ウエディングパーティー、レンタルスペース等様々な用途に対応しています。レコードをモチーフに、bのマークを音符に見立てサウンドが広がるイメージになっています。

コラボジャパン

企業の経営を人事的側面から支援する採用・育成・物流人事のコンサルティング・カンパニーです。企業ごとの経営戦略、人事課題に基づいたソリューションを提案するため、徹底したオーダーメイドシステムにこだわっています。ロゴタイプ背面の楕円は縁や繋がりを大切にする企業を表しています。

インプレスサービス

インプレスサービスは、人が生活する上で欠かすことのできない衣・食・住における、食にメインをおき、インターネットを通じより多くの方々に、飲食店のご案内及び活性化を目指し長崎県における地域密着企業として2011年7月1日に誕生。誰もが豊かに暮らせる生活環境を目指し、飲食業界の活性化こそが社会への還元と考えています。ロゴマークには、3つの意味があります。1つは、印象、2つ目は感動、そして3つ目はアイディアの意味をもちそれぞれの頭文字”i”をバトミントンのシャトルに例えております。 シャトルの形は、感動の羽が相手に届く、相手も打ち返すコミュニケーションの真剣勝負の意味が込められています。

ファーストデザイン

オフィスを中心としたインテリアデザイン事務所です。1番好きな社長で毎年11月1日に周年行事を行います。「1」は1番好きの社長そのものを表しています。

インサイドアウト

インターネットはツールでしかなく、活用し成果を出すためには、運営する組織(ヒト)作りが重要。中小企業の経営課題に対応したマーケティング戦略の立案と実行~インターネットを活用した効果的なプロモーション活動を行うインサイドアウト株式会社です。ロゴマークは、よく見るとINとOUTの方向に矢印が向いています。内側の変化と外側の変化を常に表裏一体に考えていく思考をシンボル化しました。

エムナイン

車好きの松本氏のMと9つの概念を1つにというコンセプトの元にM9と名付けています。コンサルタント、不動産、IT、飲食店、サロン等他業種を経営する会社です。9つの概念を9つのカラーで一つの円にまとめています。

バウンディングパルス

ブランドマネージャーは、 "社内・組織の視点"と"顧客・市場の視点" との両面から行います。想いをかたちに、 伝わるかたちに、 共にかたちに。これらのかたちを躍動させ、ブランドとして発動させます。赤のBとPの文字をを重ねて血流が脈打っているイメージを持たせました。

永島ブランディングファーム

福岡県福岡市。ブランド構築・ブランドマネジメント・ブランディングデザイン全般のコンサルティング会社。戦略広報・PR・クリエイティブ・通販事業全般・販売促進活動・広告計画などの実施及び支援なども行っています。ロゴマークは、Nとシマシマ模様でナガシマと覚えてもらえるようデザインしました。

ペーパーカンパニー/キナックスホールディングス

代表の中村修司氏は近江商人発祥の地の生まれ。大手プロダクションへ入社後、1994年に企画会社ペーパーカンパニーを設立します。ペーパカンパニーの「ペ」で有名なのは「加トちゃんペ」というギャグですが、ペーパーカンパニーの仕事にもギャグから生まれる爆発的な企画力を継承して「ペ」をマークにしました。キナックスは「きな臭い」が語源です。何となく怪しい雰囲気込められています。

ラフト

テレビCMから、通販インフォマーシャル、番組まで幅広く制作しているプロダクション。長年東京で、数多くの企業のCMを中心に、広告全般に関わってきた演出監督を代表に、東京のCM制作会社、東京でキャスティング事務所、映像制作会社を開いている方と共に立ち上げた会社です。  プロデュース、プランニング、ディレクション、キャスティングまで、福岡と東京のスタッフをうまく融合して活動する映像制作会社です。RAFTは「筏」という意味。連結して運ぶイメージでロゴデザインしています。