コレット

小倉駅近くにある百貨店のコレットは、小倉そごう、小倉玉屋、小倉伊勢丹と遍歴をたどりコレット井筒屋で現在営業している。ロゴタイプは、あえて個性をもたせないようにした。百貨店が主役ではなくテナントが主役なのでCOLETは、館の名称としてわかりやすく認知してもらえるほうが持続すると考えました。

TERASO

西部ガスグループの商業施設テラソのコンセプトは、五行思想。陰と陽を表すようなその造形には、都市に活気と潤いを与えたいという願いが込められています。『TERASO I』は食と癒しの空間、『TERASO II』はガスと暮らしをテーマにしたエンターテインメントな空間。ネーミングは、明日を「照らそう」という意味からとりました。ロゴはテラソ建物の内側をイメージしています。

甘木病院

施設の老朽化に伴い、精神医療の様々な変化に対応できるよう、新病院を建設。自然豊かなこの地に生息する蛍に例え、患者さんやそのご家族・医療スタッフ・地域の人々が連携をとり、光へと導く姿を表したロゴマークです。

株式会社Good不動産

DIXから社名変更しGood不動産へ。不動産オーナーの相談は、営業がなんでも解決する。みんなにGoodか?ずっとGoodか?それは、Goodか?を問い続けている不動産管理・仲介・コンサルの会社です。シンボルマークは、グッド不動産をそのまま表しています。親指の三つの点はDIXの志いを引き継いでいます。

Q-tecno 九州テクノシステムズ株式会社

配電の株式会社キューキと計器の九州計装エンジニアリングが合併した電力インフラの会社です。発電所から先の電気エネルギーを消費する方までのネットワークを提供しています。九州の産業、暮らしの基盤を支え未来を作ります。シンボルマークは、Q-tecnoの「Q」、キューキと九州計装エンジニアリングの「2社の技術の融合」、そしてリユース・リサイクルを連想させる「循環」、これら3つの要素がモチーフになっています。

日立三菱水力株式会社(HMハイドロ)

自然の潜在能力を探求する。 低炭素社会の実現に向けて有効な再生可能エネルギーとして期待を集める水力発電。
日立三菱水力株式会社は、株式会社日立製作所、三菱電機株式会社、三菱重工業株式会社の3社が水力発電システムにおいて培ってきた技術基盤と経営資源を結集し、水力発電のさらなる可能性を探求すべく誕生した会社です。水力発電機器・システムの技術革新をリードし、電力の安定供給に貢献するグローバルトップカンパニーを目指しています。ロゴは外国人がみても内容がイメージできるようにデザインしています。

国立大学法人 熊本大学

国立大学の法人化、設立60周年を迎えるにあたり「熊本大学とは何か」を確認する作業。熊本大学のブランドイメージを確立し、そして高めていくUI活動において、対外的・対内的なコミュニケーションする際に、ブランドメッセージの表現的シンボルとなるものとして、新たにコミュニケーションマークを制定。くまもとの「く」を象っていると同時に、Kumamotoの「K」を変化させ、さらに前進していく矢印をイメージし、校旗を彩る紫紺とうこんで彩色したデザインです。伝統を尊重しながら、躍進を続ける熊本大学を象徴しています。ビジュアルデザインを一新し、新たな熊本大学ブランドの確立を目指していきます。

株式会社レベルファイブ

誰もが知る有名なヒット商品を制作する実力はあるが、東京大手メーカーの下請けのため商品には社名のロゴが商品に入らない。自社ブランドで世界一のゲームブランドを目指した。 レベルファイブの意味は「五つ星=最上級のクオリティ」で世界一のブランドを目指す為には、世界のトップブランドのロゴと同等か、それ以上のカッコよさを感じられるものを目指しました。LEVEL5のロゴタイプは弊社、マークの「V」はレベルファイヴ社内制作で合作により完成しました。Vのマークには、5つ星のソフトつくる意味の他。次世代のビジョンVISIONを意味する「V」や、勝利するVICTORYの「V」の3つの意味が込もってます。また、LEVEL5の頭文字の「L」を斜めにしたように見えロゴとマークに一体感が生まれています。ロゴマークは、クライアントとの合作です。